2013年11月21日

訪問歯医者さん

なんか久しぶりのブログです(^^;

両親ともに介護が必要な状態になり、なかなか目も離せないので
落ち着いて何かをするということもしづらくなりました。
でも最近お世話になっている「訪問歯医者さん」がとても助かるので
そのことを記録しておきたいと思いました(^^)

父は腫瘍の影響で足下がおぼつかないまでも、まだなんとか自分で
近所の歯医者さんに毎週通っています(自力で部分入れ歯を入れる事が
今は出来なくなっているので歯医者さんにお願いしています)
ですが、車椅子でないと移動できない母親はどうしようもなくて
放置しておりました(^^;

が、先日歯のかぶせが取れてしまい左の奥歯が2本むき出しに(v_v`)
このままだとよくないし、食べにくいだろうし・・・と悩んだ時に
前に買い物の途中で新しく出来た歯医者さんの入り口に

「訪問診療いたします」

と張り紙があったのを思い出してネットで検索して連絡してみました。

で、その後来て頂いたのですが歯医者さんと助手2名の3人体制で来て下さり
機械も持ち込んでほとんど病院でできる治療をして下さいました。
とても優しく親切にして頂いて感謝でした(;∀;)
お陰で取れた歯のうち1本は土台からでしたのでダメですが
(母の場合血流をよくする薬を飲んでいるので抜歯すると血が止まらない可能性が
あるので抜くのはやめた方がいいだろうとの話でした)
もう1本はすぐに型を取って下さり先日無事にかぶせ終わりました(^^)

今はもう1本型を取ってかぶせる予定で、これでかなり噛み合わせが良くなりそうです。
歯垢も溜まっていたので少しずつ取っていきましょうとなっています。

お支払いは1月ごとにまとめてにさせて頂きましたが、本来の治療費に加えて
\1500〜\2000くらいupするくらいの計算だそうです。
でも、車椅子の母の場合は別の病院に連れて行く際には車椅子用のタクシーを
往復で頼んでいるのでそれに比べれば遥かに安く、また手間もなく助かります。
1回の治療時間は30分程度です。

昨今の高齢化により訪問して下さる医療機関や、美容機関も増えているようですが
それでも実際は近所で自力で見つけるのは結構大変です。
今回、たまたま近くで見つかりラッキーでした(*^o^*)
でも利用してみて本当に、本当に助かっています。
来て下さる病院に感謝です。そして、そんな病院もあるんだということを
知らない方に少しでも知ってもらえたらなあ〜〜と記事にしておくことにしました。

犬ともみじとイチョウ
posted by あいちゃ at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月23日

なかなか落ち着かず・・・

この3年半の間は、両親を様々な病魔がおそっていて
4回の救急車&10回の入院という感じの日々が続いています(ノ_・、)
3月にも母親が入院していて、退院して「ホッ」としていたら
父親が倒れて脳腫瘍が発見されちゃいました。。進行スピードを見る為に
1ヶ月後に再検査です。

途中まではブログで息抜きしてたりもしたのですが
今はほぼ1人で2人の介護なのでなかなか書く気にもなれず・・・。
そのうちまた復活して好きな音楽や気になるCMのことを
つぶやけるといいなあ・・・・・・・。。

コーギーのライン10


ポイレット 20枚

驚異の防臭袋 BOS(ボス)マルチタイプ45枚入り おむつ・うんち処理袋



posted by あいちゃ at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月14日

またまた顔面が血だらけで

父親が帰って来てました(o´_`o)
背中を向けて新聞読んでたので声かけたら、振り返った顔に血が(o´_`o)
手も少し擦ってるあとが・・・。。後からわかったけど
眼鏡もレンズが1つ擦り傷だらけで外れてるし、歯もかけてた・・・のに
本人が気がついていない・・・・・・・・・・・・・。。
言われるまで気がついていない。。しかも、なんでか記憶にないそうな。

今までも転んだり壁によろけて擦ったりはあったけど
ちゃんとわかってて「いや、ちょっとフラついて」とか言ったのに
今回はどんなに考えてもよろけたりも転んでもないと言う。
けど、顔を打ってるのは確かだしズボンとかも少し汚れてました。

頭は今回は全然綺麗だったから打ってはいないと思うけど
心配なので脳神経の救急に電話はしてみたけど(祭日の日に限ってトラブルんですよね)
「外傷があるならそっち行って。ウチは診ません」と言われてしまった(;∀;)
まあ年齢聞かれたので、80とかだから「ボケてるんだろー」とか思われたのかも。
でも、怪我以外のことはちゃんと覚えてるし受け答えもしっかりしてるんだよね。
まあ外傷といってもかすり傷と打ち傷程度だし、しっかりしてるし吐き気もないので
多分大丈夫だろうと今日は様子見。ヘタに病院に行っても母親のデイの帰りに間に合わないし。

今まで本人嫌がるし、介護認定は受けないままにきたけど明日かかりつけの
内科のお医者さんに連れてって認定の相談しようと思います。
1人で歩かすのは心配すぎるけど、運動とか外出はしたほうがいいから
送り迎えしてもらえたら安心できるしね。
今後必要になってからよりも、先に手を打っておいた方がいいかと。。
今日のことで本人もその気になってくれてるから今のうちに。。

はあ、しかし2人とも認知症とかになられたら
正直荷が重いぞっ(^^;1人の認知症と老人だけでも手一杯なのに。
まあ、なるようになるかーー(^^;
posted by あいちゃ at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

近距離でのタクシー利用(神戸の場合)

基本的に自分は歩くほうですが、高齢の両親の場合にはそうもいきません。

母親の場合にはすでに車椅子での移動となってしまって
介護タクシーを利用させてもらっているので
基本、どこも親切で丁寧に対応してくれていますので
今のところ問題はありません(^^)

ただ、80歳になる父親が、ここにきて急に足腰が弱り、今までは歩いて普通に行けていた
近距離の病院(タクシーでワンメーターくらい)でも
行きは上り坂が急な為にふらついたり、転んだりするうえに
シルバーカーだと変に力が入って却って危ない為にタクシーを利用せざるを得ない
状況になってしまいました。

ですが、病院とはいえ近い為なのか、最近は大手(広告が大きかったり、病院の電話口に
呼び出し番号が乗ってるような会社)でも、露骨に嫌がられるようになりました(-"-)
前に親切な運転手さんが言っていたのですが、「会社として近距離を断る事はできないので
お客さんから断るようにしむけるんですよね」とのことで電話口で延々と待たされたあげくに
「今、近くにいないんですよねぇー」みたいにこちらから「じゃあ、いいです」と
言わせるようなことが続いています(-"-)

どう考えても忙しくないだろう平日の午前中とかでも数社に同じように電話口で
数分待たされたあげくに「探したんですけどねぇ」みたいな言われ方をしたりします。
さすがに、続くと落ち込みます、こちらも近距離で申し訳ないと思いながら
いつも「すみません」と乗るのに、来てくれなかったり、来ても運転が荒かったり
無言だったり、おつりを乱暴に返されたりもしたりします。

先日もそうでしたので、いろいろとネットで調べてみたら
神戸のタクシー会社はどうも評判が全般的に悪いみたいで、近距離は客と思われてないみたい(^^;
高齢化のすすんだ社会で、いくら生活がかかっているからとはいえ
あまりな運営実態ですよね〜〜。。悲しい限りです。
いくつかの会社の連絡先は控えてありますが、大手ほど対応が悪いような気がします。
まだ利用したことがないのですが「MKタクシー」が神戸では評判が良いようですので
次回はこちらにお願いしてみようかと思っています。別料金で運転手さんの指名制度
なんてのまであるんですね>MK

他のタクシー会社には「MKさんはねー」みたいな言われ方してますが
(前に利用したタクシーの運転手さんも言ってました)
結局は利用者が実際に使ってみて判断するしかないですもんね。。

どうか、良いタクシー会社&運転手さんにあたりますように(^^;

ハートのケーキのライン
posted by あいちゃ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

またまた入院Σ(^∇^;)

ここしばらく落ち着いていた両親なので、少し油断もしてたのですが・・・。

年に1度、兄が両親を温泉旅行に連れて行ってくれて
その間は私は「の〜〜んびり」という予定だった日の前日の夜に
またまた母親が熱を出して嘔吐。。夜間病院→救急車で救急病院→入院となりました(-.-;)
夜の8時頃からバタバタして、病室にたどり着いたのは夜中の2時半すぎ。。
「の〜〜んびり」がとんでもないことになりました(^^;

母は足が悪い上に、軽い認知症でもあるのでその日から退院までは
夜間は病室に泊まり込んで、昼間は家に戻り用事&父の事の日々となりました。
尿路感染症でしたが、その際に結石も見つかり(ノ_・、)
転院などもしましたが、感染症の治療で大量の点滴と水分で
身体の中の毒素を出した際に結石は流れて出たようで(^^)
転院先の泌尿器科は1泊だけで退院できました。

まだ検査も残っていますが。とりあえず2週間ほどで退院できて
私もやっと家のベッドで寝る事ができるようになり
「ホッ」としています。

気を付けているつもりでも、夏場は汗をかくのに対して
水分量が減っていたりするのも1因のようですね。
どうにかして水分も取らせなくちゃ(^^;

カモメのライン2
タグ:介護
posted by あいちゃ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

病院で過ごした年末・年始

今年のお正月は「のんびり」と迎えられると信じていたのですが
12/31の午後3時過ぎ、母の様子がおかしくて熱を測ると
40度近く有り、前回の様子と似た状況でしたので
すぐに救急車を呼んで搬送→入院となりました。。

で、紅白も除夜の鐘も、開けましておめでとうも
すべて病室で迎えることとなりました(;_;)
用意していたおせちも鯛も、雑煮も食べれませんでした〜〜〜(;_;)

今日も、また泊まり込みの日が続きます(;_;)
レモンのライン

posted by あいちゃ at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

父の手術&入退院

8月に「約、ひと月後に入院して手術」と言われていた父ですが
その後、なかなか連絡がなく2度程病院に確認の電話などもしておりました。
10月になっても連絡はなく「あとひと月くらい」と言われたのですが
そのすぐあとに連絡あり、即、入院。。3日後には手術となりました。。
でも、入院から手術までバタバタと過ぎたので、変にドキドキする暇がなくて良かったかもしれません(^^;

予定よりも1時間程長い7時間かかりましたが、無事に胃の三分の二を腹腔鏡手術で切除しました。
術後に家族にはその切り取った患部を見せてお医者様から説明が有るというのは
私は本や家族控え室で一緒になった方などからの話からも知っていて、血の臭いに弱くて貧血をおこすので
少し心配でしたが、実際に見るとなんだか料理の前のお肉に見えて却って平気でした(^◇^;
なので、じっくり見ながら細かな説明までしっかりお聞きしました。。
(同席していた兄は心の準備がイマイチだったのか、かなりこたえていたようです(^^;)

年齢的にも術後が心配でしたが、最初の時期にはふらついたり、点滴がなかなかはずれなかったりと
それなりにありましたが、マメに歩行練習もしたし食べるようにもしていたのが良かったのか
順調に回復して3週間程で退院もできました(^-^)今後も、食事のほうは探りながらですが
病理検査の結果も良く、お医者様にも「100%です」と言っていただけて一安心でした。。

今後もありますし、前立腺のほうもありますから、病院との付き合いは続きますが
37回の放射線の効果か、前立腺の値もかなり低くなっていて「ほっ」としています。。

さて、今度は母のほうだな〜〜(^^;


胃を切った人の食事―おいしく食べて治す 消化器をいたわるレシピ200 (おいしく食べて治す)

胃を切った人の食事―おいしく食べて治す 消化器をいたわるレシピ200 (おいしく食べて治す)

  • 作者: 羽生 富士夫
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2003/01/01
  • メディア: 単行本




胃手術後の100日レシピ―退院後の食事プラン (100日レシピシリーズ)

胃手術後の100日レシピ―退院後の食事プラン (100日レシピシリーズ)

  • 作者: 青木 照明
  • 出版社/メーカー: 女子栄養大学出版部
  • 発売日: 2010/02/26
  • メディア: 単行本




参考にして毎日、食事を作っています〜〜。。
posted by あいちゃ at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

入院の日が決まらない(;_;)

父は「初期の胃癌」」ということで「胃の三分の二くらいを摘出」する手術を
することに先月(8/25)の診察で決まっていました。。ただ、同じ状況で
手術を待っている患者さんが50〜60人いるので、大体一ヶ月くらい先を目安として
順番がきたら電話で連絡します・・・という話になっていました。。

でも、未だに電話も連絡もありませんで(^^;、父も「ジリジリ」しているし
私自身も「いつなんだろう?」「せっかく初期で見つかったのに」という
不安感から今日、病院に問い合わせてみました。。

返事は、やはり「まだ連絡がいっていないということは、順番がきていないという
ことなので、もう少し待っていて下さい」とのことでした。。
大きな大学病院で、もうひと月から、ふた月前にいろんな苦しい検査もたくさんしたのに
その後何ヶ月も待つしかないのは精神的にしんどいですね。。
とはいえ、同じ立場の患者さんがたくさんいらっしゃって、同じように待っていらっしゃる以上
「じりじり」しながら待つしかないです。。

早く順番が来ますように!!

そういえば、診察後に先生に「何か、食事や生活で気をつけることは有りますか?」と聞いたあとに
「祈っていて下さい」と言われて、ジョークだと思って笑ってましたが、今になって
それしかないんだな〜〜〜と実感しております(^^;

携帯のライン


胃を切った人の食事―おいしく食べて治す 消化器をいたわるレシピ200 (おいしく食べて治す)

胃を切った人の食事―おいしく食べて治す 消化器をいたわるレシピ200 (おいしく食べて治す)

  • 作者: 羽生 富士夫
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2003/01/01
  • メディア: 単行本



posted by あいちゃ at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。